ほけんのいえ

  1. HOME
  2. ほけんのいえ

ほけんのいえ

ほけんのいえシリーズ

少子高齢化が進む日本では、中古不動産の流通促進が重要だと言われております。
しかし、中古住宅は保証も少なく、不安に感じられるお客様が沢山いらっしゃいます。
そこで当社アイランドホームでは、
既存住宅瑕疵保険付き中古物件「ほけんのいえシリーズ」をリリースさせて頂きました。
「ほけんのいえシリーズ」では補修にお金のかかる「構造部分」と「雨水侵入部分」の保証を
5年間と致しましたので、きっと、喜んで頂けると思います。

「良質な中古住宅の流通は、不動産会社の使命」と考えておりますので、
一度、ほけんのいえシリーズをご検討下さい。

アイランドホームの「ほけんのいえ」は
ラジオでも紹介されました。

FM大阪の「ウインズの情熱サンデー」で紹介されました

FM OSAKA のラジオ番組『ウインズの情熱サンデー(日曜日 朝8:00から放送)』アイランドホームの「ほけんのいえ」が紹介されました。

番組内では時間の関係上、「ほけんのいえ」のサービス詳細まではご紹介出来ませんでしたが、泉南市・阪南市・岬町エリアで良質な中古住宅を流通させたいという弊社の想いは充分にお伝えする事が出来ました。

今後も泉南市・阪南市・岬町を中心に「ほけんのいえ」の供給を進め、良質な中古住宅流通を促進して参りたく存じます。

中古のお家を安心して買いたいあなたへ

「ほけんのいえ」の概要

●この保険は、売主である当社が被保険者となり、申し込みます

● 当社は住宅の引渡し前に保険を申し込み、㈱日本住宅保証検査機構は保険の引受けにあたり検査をします。

● 保険の対象となる瑕疵の修補等は当社が行い、修復にかかった費用または修補にかわる損害賠償金を㈱日本住宅保証検査機構が保険金として当社が受け取ります

● 当社が倒産等により、保険の対象となる瑕疵の修補または修補にかわる損害賠償金のお支払いができない場合は、買主様から㈱日本住宅保証検査機構へ直接保険金を請求することが出来ます。

「ほけんのいえ」は普通の中古住宅に比べ、

保証期間の長さが魅力!

普通の中古住宅における売買契約には、不動産会社が自ら売主となる場合と、不動産屋さんの仲介により、個人が売主になる場合がございます。(日本では、個人売主取引がおよそ8割をしめます)
不動産会社が売主の場合、2年間の瑕疵担保保証が一般的ですが、個人が売主の場合、およそ6割が保証無しでの売買となっています。
瑕疵担保責任は、「隠れた瑕疵」に対して負うものであり、「隠れた」とは、買主が知らなかったことを指し、「瑕疵」とは、売買された目的物(住宅)が本来持っているべき性能・品質が欠落していることを指します。
しかし、アイランドホームの「ほけんのいえ」では、この保証期間が5年間!
この期間の長さは魅力だと思われませんか?

既存住宅瑕疵保険加入 中古住宅

<保険期間5年の中古住宅>

※1 構造耐力上主要な部分 ※2 雨水の浸入を防止する部分

「ほけんのいえ レギュラー」の保険対象となる基本構造部分は住宅品質確保の促進等に関する法律施行令第5条第1項および第2項に規定する、「構造耐力上主要な部分」および「雨水の浸入を防止する部分」で、構造耐力性能または防水性能における「隠れた瑕疵」が保険の対象です。

既存住宅瑕疵保険加入 中古住宅

<対象部分が給排水管や改装工事にも拡大>

※1 構造耐力上主要な部分 ※2 雨水の浸入を防止する部分

「ほけんのいえ プレミアム」の保険対象となる基本構造部分は「レギュラー」の保証対象に加えて下記の通りです。 ①住宅またはその敷地内に設置された給水管、給湯管、排水管または汚水管で設備機器にかかる部分、水道事業者、水道管理者または下水道管理者が所有または管理しているものを除くもの②住宅の部分または一体となった設備にかかる工事(解体工事、撤去作業、清掃作業および増築工事を除く)で、保険申込から引渡しまでの間に実施され保険証券に記載されたもの
中古住宅って割安感あるけど、なんだか不安…
そう感じておられたあなたの不安が、一挙に解消されましたね

あいあなたも是非、アイランドホームの
「ほけんのいえ」をお選び頂き、中古住宅を安心してご購入ください。
  • 無料会員登録
  • 物件お問合せ
  • お気に入り
  • 閲覧履歴
  • 電話お問合せ
PAGE
TOP